勁草学舎とは

指導特色

指導スタッフ(教師)

勁草学舎の生命線は何と言っても「授業」です。教師には、その「授業」を日々進化させ、子どもたちに学力をつけさせる使命があります。そのために私たちは日々研鑽を重ねています。毎週の各教科部会では、子どもたちの学校成績や、塾内で実施したテストの結果をもとに、成績向上のための具体的な対応について話し合っています。また、模擬授業を通しての指導法研究、学力向上のモデルケ?スの研究などを進めています。姉妹校である苅草学院と勁草学舎の教師が一堂に会する全体研修会を開催し、入試問題研究や学力向上に関する具体的な実践方法と成果の検証を行っています。

教材

勁草学舎では、本学舎理事長の「一人ひとりの生徒に適した教材を」という考えを重視し、クラス、個別を問わず、習熟度に合わせた教材を厳選しています。また、授業用、家庭学習用、定着度確認用など、用途に応じた教材を使用しています。小学校、中学校、高校のいずれも、教材はすべて学習指導要領の新課程に対応しています。勁草学舎の教師は、それらの教材をもとに入念な授業準備を行い、授業に臨んでいます。

担任制

勁草学舎では、クラス指導・個別指導を問わず、担任制を採用しています。これは、子どもや保護者のご要望を正確に把握し、担任が責任をもってそれに対応させていただくためです。ご要望の把握はもちろんのこと、教科担当と連携し、学習状況のご報告・各種ご連絡やご面談などを行い、迅速に対応いたします。ご面談はご要望に応じて随時設定いたしますので、お気軽にご相談ください。

各種テスト

「わかる」と「できる」には違いがあります。子どもたちの学力をしっかりと育むには質の高い客観的なテストが必要です。クラス指導では年間のカリキュラムにそって、個別指導では個々の到達度に合わせて各種テストを実施しています。テスト後は解説を行い、解き直しをしてもらいます。解き直しにより、さらに理解が深まり、自信がつきます。

ページトップへ